カウンセリング


自分の思いをそのまま言葉にすることは、すっきり(心の浄化)したり、本当のきもちに気がついたり、問題の本質に気がついたりすることにつながります。

 相談者自身が解決する方法をみつけて行動を変えてく。その過程を“カウンセリング”といいいます。

 “話すこと” は “放すこと” 

自分の気持ちを言葉にして体から放してみましょう。そして一緒に見てみましょう。

 




タクティールケア

 

 “こころのカウンセリング サプリ”では、ご相談者にリラックスしてカウンセリングを受けていただくために、「タクティールケア」を取り入れています。「タクティールケア」はスウェーデン発祥のタッチケア療法で、手や足・背中などを包み込むように撫でることで“オキシトシン”というホルモンの分泌を促します。“オキシトシン”は、もともと人がリラックスしたり、安心しているときに分泌されるホルモンで、信頼感の醸成やストレスを和らげる効果があります。現在国内外でその効果は注目され、認知症患者への効果のみならず、自閉症患者の薬としての臨床実験が北大教授などによって進められています。また、がん患者などの痛みを緩和する効果(ゲートコントロール効果)があります。「タクティールケア」では、ご本人の体内からの分泌を促すものですので、安心して施術をうけていただくことができます。

カウンセリングなどの心理的アプローチと合せて行う事で効果があると考えられています。                                                

 

(ご相談者の状況により、施術を行わない場合もあります)
タクティールケアは[日本スウェーデン福祉研究所」の認定資格者による施術です。
 

 

※ タクティールケアの施術の料金はいただいておりません。