ストレスチェックが義務化されました


メンタルヘルスの問題による労災の認定件数は年々増加しています。

職場における労働者のメンタルヘルスの管理がますます重要視される中、労働安全衛生法の一部が改正され、2015年12月からストレスチェックの実施が義務付けられました。

(従業員、50人未満の事業所については、当分の間努力義務) 

 

長年続いている仕事の仕方や社内の風土は、なかなか変えられるものではありませんが、働き方の改善はもう待ったなしの状態です。 

報告義務があるからということではなく、大切な社員の皆さんが心身ともにそして社会的にも自分らしくいきいきと生活できるよう日頃から知識を提供したり、不調者のサポートのタイミングを早く的確に進められるように、会社として取り組んでみませんか。

それぞれの会社に合ったメンタルヘルス対策を一緒に考えてみませんか。

  


メンタルヘルス講座

ストレスとの付き合い方や、メンタルの不調についての知識を持つことは、セルフケアの上で大切な一歩です。

こころから初めてみませんか。

管理職の講座

職場のストレスは仕事の量や質のほか、上司との関係が大事なポイントになります。メンタル不調の社員にいち早く気が付き、適切な対応をするための方法をご案内いたします。

 

コミュニケーション講座

人の悩みのほとんどは人間関係だと言われています。講座の中では、コミュニケーションスキルだけではなく、心の持ち方の提案をさせていただきます。



気軽に相談できる場所を

メンタル不調(いつもと違う自分)に気がついても、すぐに精神科や心療内科に行くのはなかなか勇気のいるものです。こころの中で「これくらいは、大丈夫。そのうち元気になる」、「病院へ行くほどではないのでは・・・」と、ほとんどの人が考えています。

  

社内でカウンセリングの機会を設けたり、さりげない情報提供をしてみませんか。解決につながる最初の一歩になるはずです。どうぞご検討ください。